新着情報

13名のトレーナーが物理療法実務者研修・ⅠⅤES実務者研修を修了しました。


理学療法とは、運動機能が低下した人に、運動機能の維持・回復を目的に、運動、温熱、電気、光線等の手段を用いておこなう他動的な治療法です。疼痛の緩解や循環の改善等だけでなく、むくみの改善や精神的なリラクセーション効果があります。主に、運動療法と組み合わせて施行します。
研修では、総論から目的・適応・禁忌・分類・病態の理解、温熱療法、光線療法、極超短波療法、電気刺激療法、生理学的作用寒冷療法、牽引療法、ⅠⅤES等を、座学だけでなく演習や実践的な症例検討を通して見識を広げました。

20190919_01_450px.jpg

 

20190919_02_450px.jpg

 

20190919_03_450px.jpg

皆さんは、本日、修了試験を経て物理療法実務者研修・ⅠⅤES実務者研修を修了されました。ご利用者に合わせてた運動療法の実施に努め、日常生活の改善に繋げてください。

物理療法実務者研修・ⅠⅤES実務者研修 講師 下江 甲作
きいれセントラルクリニック  院長  井上 裕喜