新着情報

  • HOME
  • > 新着情報
  • > ニコニコタウンきいれ
  • > 鹿児島国際大学福祉社会学部社会福祉学科 田中安平 教授 に中間管理職に求められる労務管理と接遇についてご講演いただきました。

鹿児島国際大学福祉社会学部社会福祉学科 田中安平 教授 に中間管理職に求められる労務管理と接遇についてご講演いただきました。


6月11日 田中安平教授に中間管理職に求められる労務管理と接遇についてご講演いただきました。

私たち中間管理職は、とかく平等意識で判断しがちですが、それは正しい判断でなく、受け手であるスタッフの負担感に合わせたオペレーションが必要であることを深く学びました。また、接遇に関わる際、福祉的価値観が醸成されていることが必須でした。課題を量的に捉える傾向があることを理解し、これを質的な意味の平等に昇華させる。そのためには、スタッフひとり一人の負担感が異なる事を知り、そのうえで話し合い、それぞれのスタッフに対する今の課題を理解することが大切でした。また、仕事に関する調整は、言葉に偏った説諭や伝え方から受け手が自ら分かる長いスパンでみた伝え方、受け手の必要性を考慮した関わり方など、人に伝えることに幅広くご教示いただきました。事例として、シフトの調整を挙げて、シフト変更を依頼するスタッフの見え難い個人的な要素を、調整をお願いする他のスタッフが、「いずれは自分のこと」だとするスタッフ間のコンセンサスを得る努力が必要だと学びました。また、この点が欠けていることを考えさせられる良期となり、スタッフ間のコンセンサスを時間かけて創り上げたものがチーム力であることを理解しました。教授のお話しは、長年の現場経験談から来るものばかりで、こんなやり方が… なるほど… と深く考えさせられ目から鱗でした。田中教授、実務に裏打ちされたご講演に感謝しています。お忙しいなか、本当にありがとうございました。スタッフ一同

20190611_pic01_403px.jpg20190611_pic02_405px.jpg20190611_pic03_407px.jpg