新着情報

京都の大学生さんがインターンシップに来られました。


滋賀県出身で京都の大学に在学中の学生が8月18日(日)~8月24日(土)ニコニコタウンきいれにインターンシップに来られました。初日は、リハビリセンター前之浜で、後半はリハビリセンター瀬々串でトレーナーと生活支援員の体験をされました。

20190830_pic01_332px.jpg


大学では心理学を専攻され、高就職先の一つとして齢者福祉を検討していることもあり、健康で過ごす為の専門的な技術や関わり方に関心があるようでした。

20190830_pic02_332px.jpg

 

1週間 たくさんの利用者と会話をし、「相手の気持を察するスキルを学ぶ」を目標にソーシャルワークに取り組んでいました。

20190830_pic03_332px.jpg

 

今回のインターンシップは、「九州・山口キラリハッケン」(https://www.kyushu-yamaguchi.jp/intern/)という仕事と生活の両方を体験していただく事業でおこなわれました。
担当者もお見えになり三次元測定システムを体験されました。

20190830_pic04_332px.jpg

 

はじめは緊張されていたご利用者と関わりも、「鹿児島の名物は食べたね!」「魚を食わんね」など、魚の話しをきっかけに盛り上がる場面もありました。
名前を呼ぶ関わりを大事にされ、ご利用者の背景と名前を紐づけ、冗談を引き出すツールにされていました。
朝一番にインターン生へ話しかけられる方もみられるなど、笑顔のある自然な関わりを学んだようでしたが、会話の中から冗談を引き出す難しさも学んだようです。
今回のインターンシップが、今後の就職活動だけでなく、社会人としての活躍につながることを願っています。一週間のインターンシップお疲れ様でした。(インターンシップ担当者)