新着情報

メディホーム瀬々串の暮らし


medihome-s01_450px.jpg

錦江湾を眺望するグループホーム瀬々串3階に、地域の方やボランティアの方、なじみの方など、人と繋がる「和」のある暮らしを創造する新しいコンセプトのホームが誕生します。
住宅型有料老人ホーム メディホーム瀬々串は、和やかな暮らし、心和らぐのどかな生活を送れる16室からなっています。眼下に広がる錦江湾、雄大な桜島の眺望を楽しみながら生活を送ることができます。


medihome-s02_450px.jpg

1階の地域交流スペースは、体操や地域交流ができるようになっています。入居後も馴染みの関係を継続でき、また新たな馴染みの関係も築いていけます。
そんなメディホーム瀬々串で、人と繋がる「和」のある暮らしをしてみませんか?

medihome-s03_450px.jpg

 

medihome-s04_450px.jpg

 

暮らしを見守る先進機器
1. 介護が必要になっても排せつは自分でしたい。そんな気持ちに応える移動式ウォシュレット水洗トイレ「ベッドサイド水洗トイレ」が全室設置できます。何より、匂いが気にならないうえに後始末も不要です。入居者の暮らしを快適に明るくします。
2. マットレスの下に設置したシート型体振動計(sheet-shaped body vibrometer; SBV)が睡眠中の睡眠状態や心拍、呼吸状態を把握します。SBVにより得られるリアルタイムデータを活かすことで、タイムリーな介護と安心な見守りを提供します。

medihome-s05_450px.jpg