新着情報

宇宿校区コミュニティ協議会にお伺いし、特別養護老人ホーム選定のご報告をいたしました。

令和3年11月22日、宇宿校区コミュニティ協議会へお伺いし、会長の斉野繁様に特別養護老人ホーム選定のご報告をいたしました。会長より、お祝いのお言葉を賜り、「高齢者が暮らしやすい地域を目指し、地域包括ケアの構築を目指してほしい。」「宇宿地域が大切にしている昔ながらのつながりがある街づくりに協力していただきたい。」と、当法人への期待とご要望をいただきました。今回の応募は、地域住民の皆さまの地域課題や地域代表者のご意見を会長が取りまとめられ、地域のご要望を盛り込んで立案した計画だっただけに、お互い喜びもひとしおでした。
地域と共にある特別養護老人ホームにつなげる為に、長年、行政公務や民生委員の活動を通じて地域と関わり支えてこられた会長に、特別養護老人ホームうすきの里の「入所検討委員会第三者委員」をお願いいたしました。会長は、宇宿地区は特別養護老人ホームが無いだけでなく、子どもたちが高齢者と触れ合う機会が減っている現状を挙げられ、「子どもたちと高齢者が交流する機会を検討し構築してもらいたい。」など、今後の地域福祉の姿についてご教示いただき、「入所検討委員会第三者委員」をご快諾いただきました。斉野会長には、お忙しいなか、貴重なお時間をいただき誠にありがとうございました。今後は、お示しいただいた輝ける福祉を目指して鋭意努力して参ります。これからもご指導のほどよろしくお願いいたします。

右上から斉野会長、事務局のスタッフ様、左上は新田理事長、米倉施設長